私の夢は“理想郷”づくり

 

落合やすともが

政治家として描く能代の“理想郷”は

誰もが自分らしく生きることができ

郷土の自然と共生する持続可能な循環型社会

そんな能代を目指して、私が独自に掲げている政策が

「自立可能循環型都市のしろ構想(※詳しくはコチラ)」

人口減少、少子高齢化、景気低迷・・・

能代市を始めとする全国の地方都市が直面している問題。

持続不能な未来を回避すべく地方も国も全力を注いでいますが

問題は減るどころか山積みになっていく一方。

いい加減気付きましょう・・・問題の「根本的原因」を。

古代の能代にも沢山暮らしていた東洋のインディアンこと「蝦夷(えみし)」たちも

自然と共生した自給自足の生活で、持続可能な社会を営んでいたんです。

昔実現できてたってことは、今でも実現できるってこと。

キーワードは「共生」「循環」「共有」ー昔の社会にヒントがある。

人口が減少しようと、不景気であろうと、解決策はある。

私たちは今一度「発展とは何か、幸福とは何か」

考え直してみる必要があると思います。

 

最新情報

 

✿4/15 能代市議会議員選挙当選!

皆様のご支持ご支援のお陰で、平成30年4月に行われた能代市議会議員選挙に2度目の当選をいたしました。心より御礼申し上げます。

 

 

 

お問合せフォーム

カウンター
inserted by FC2 system